木. 5月 23rd, 2024

ポチポチツールビジネスをご存じでしょうか。

おそらくまだ、知らない人も多いのではないかと思います。

ポチポチツールビジネスとは、一言で言えば物販で稼ぐシステムのことです。

そう言われてもいまいちピンときませんよね。

そもそも物販と転売との違いもよく分からない人も多いかもしれません。

今回は、ポチポチツールビジネスとは一体どんなビジネスモデルなのか。

転売とはどんな違いがあるのか。

内容を調査しましたので、ご紹介します。

 

ポチポチツールビジネスとは?

ポチポチツールビジネスというのは、ポチポチ物販とも言われていて、その名の通り物販の手法の一つです。

最大の特徴は「100%売れることが確定している商品を、ひたすらクリックするだけ」というもの。

自宅にいながらも最短3日で手元にお金が入るシステムになっています。

なぜ最短3日で収入を得ることが可能なのでしょうか。

それは、相場や不況に全く影響されず、お金に糸目をつけないコアなファンがたくさんいる「ある商品」に特化しているからです。

経験、知識、ノウハウは一切不要で、やることは「売れることが100%確定している商品をクリックして転売するだけ」という簡単なもの。

たったそれだけの作業で安定的な収入を得ることができるのです。

非常に魅力的なビジネスモデルですね。

 

【ポチポチツールビジネス】物販と転売の違いとは?

転売と物販はとても似ています。

どちらも、商品を仕入れて販売するビジネスモデルです。

どう違うのかがよく分からない人も多いのではないかと思います。

物販というのは、業者や卸サイトなどから商品を仕入れて、自社ECサイトやネットショップなどで販売をすることです。

一方、転売は小売店やネットショップなどから商品を仕入れて、フリマサイトやネットオークション、などで販売をすることです。

仕入れて販売するという流れは同じですが、仕入れ先や販売先などに違いがあります。

初心者でも取り組みやすいのは転売の方だと言われています。

副業が目的ではなくても、フリマサイトで不用品を売ったことがあるという人は多いのではないでしょうか。

ポチポチツールビジネスは、ポチポチ物販というように、物販のモデルの一つです。

では、一般的な物販との違いはどこにあるのでしょうか。

詳しく見ていきたいと思います。

 

【ポチポチツールビジネス】一般的な物販との違いは?

一般的な物販には、仕入れ、検品、転売の三つのステップがあります。

仕入れ

  1. 売れる商品のリサーチ
  2. 価格のリサーチ
  3. 仕入れの判断

検品

  1. 商品の状態チェック
  2. 再梱包

販売

  1. 出品登録作業
  2. 発送作業

 

それぞれの過程において、かなりの時間と労力を必要とするのが通常の物販です。

ポチポチツールビジネスでは、このステップとは全く異なります。

  • リサーチ不要
  • 検品・出品作業も不要

値崩れしない売れ筋商品を、楽してポチッと手に入れるだけで利益が確定するのです。

通常の物販では、報酬額を伸ばすためには作業量を増やすしかありませんでした。

稼げば稼ぐほど作業量が増えて、時間も労力もかかるという呪縛がありました。

しかし、ポチポチツールビジネスは、経済的にはもちろん、時間的・精神的な自由も同時に獲得が可能です。

リサーチ・検品・出品業務を一切やらなくても良いというシステムが、それを可能にしています。

むしろ余計な労力がかかったり、ミスによる赤字を回避するために絶対にやらないように言われています。

物販をやるには最適なシステムではないでしょうか。

 

まとめ

ポチポチツールビジネスがどういったビジネスモデルなのかについて調査しました。

転売や一般的な物販との違いについても、少しはご理解いただけたでしょうか。

このビジネスモデルは、ノウハウを知らなければ実行することができません。

興味がある方はぜひLINEの友達登録から、全4回の無料講座を受けてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です